派手なデザインが似合う部屋と似合わない部屋

派手なデザインのカーテンが似合う部屋

カーテンは、直射日光を遮ったり、部屋のインテリアとして機能したりと暮らす上で必要不可欠なものです。引っ越しをする際に、部屋の雰囲気に合わせてカーテンを新調する人は多いのではないでしょうか。実は、カーテンのデザインや色合いが部屋の印象を決定づけると言っても過言ではありません。たとえば、派手なデザインのカーテンは面積が広くて天井高がある部屋にぴったりです。広い部屋に華やかなカーテンを取り付けることで、カーテンの存在感が際立ってメリハリのある雰囲気になるからです。また、部屋の面積が広くなくても、小窓に派手なデザインのカーテンをつければアートのような雰囲気になります。部屋のアクセントとして奥行を出す作用があるので、少しでも部屋を広く見せたい人は派手な柄を選ぶと良いでしょう。

派手なデザインのカーテンが似合わない部屋

赤や黄色などの派手な色合い、デザインのカーテンというのは、一歩部屋に入った時に目につきやすいです。こちらに向かって飛び出しているかのように見えるので、部屋が狭く感じやすいです。したがって、派手なデザインのカーテンは、狭い部屋や暗い部屋には不向きといえるでしょう。その逆に、小ぶりで落ち着いた色合いのカーテンならば圧迫感を抑えられ、狭い部屋を広く見せることができます。その他にも、寝室も派手なデザインのカーテンは不向きです。寝室はぐっすりと眠る場所なので、あまりにも派手なデザインだと落ち着いて熟睡できなくなります。その逆に、緑色や青色は興奮した神経を静めて落ち着かせてくれる色合いなので、寝室にぴったりですよ。