色でカーテンを選ぶ際に知っておきたい似合う部屋と似合わない部屋

カーテンの色を選ぶポイント

日差しを遮るなどの機能のあるカーテンを選ぶ場合には、色も考慮して選ぶことが大切です。部屋にも色があるため、色の似合う部屋と似合わないへやがあります。 色選びに失敗してしまうと、部屋の色からカーテンが浮いてしまい違和感のある部屋になってしまうことも考えられるため色選びには注意が必要です。 部屋の色は壁や床、天井などのベースカラー、部屋の雰囲気を決めるソファや家具のメインカラー、そして差し色として引き締めを効果を狙うクッションや小物などに使われるアクセントカラーの三種類が基調になります。 カーテンは、協調色となるメインカラーに分類されます。そのため選ぶ場合には、その色を意識した選び方をすることが必要です。

カーテンの色の選び方

部屋を整えるには3種類の選び方があります。カーテンの色選びも、それに合わせて選んでいくことが可能です。
部屋の色を纏めやすいのが同一色にするということです。同じ色みのトーンで明るさや鮮やかさの異なる違う色を組み合わせていく方法になります。赤色に部屋をまとめるのであれば、カーテンも赤色にします。色が派手で気になるという場合には、躍動感のある幾何学模様で赤色を使っているものや、天然素材感のあるストライプ柄にするなどの工夫をしていきます。
安心できる印象にしたいなら類似色でまとめます。家具全体を2色ぐらいの色にまとめると、落ち着いた雰囲気になります。カーテンのその色に合わせて選んでいきます。
メリハリをつけたいのであれば、赤なら青などお互いの色を引き立てるような色選びをすると明るい雰囲気の部屋を作れます。カーテンも色のはっきりしたものを選ぶことがポイントです。