シンプルなデザインが似合う部屋と似合わない部屋

部屋全体の色の配置から考えて選ぶ

部屋のテイストによって、合うカーテンと合わないカーテンが存在しています。それぞれの違いを理解し、部屋の雰囲気に合うものを使いましょう。基本的に部屋全体の色使いによって、合うカーテンの色はある程度決まります。天井や壁の色で選ぶ場合、白やベージュといったシンプルな物が合うでしょう。また、床の色などによって選ぶ場合、同系色を選ぶか、暖色あるいは寒色を選ぶのかが異なります。床の色がパインのようなベージュの木材の場合は薄い色がいいでしょう。対して濃い色の床材を使用している場合、濃紺や深い赤、深緑などを使用すると落ち着いた部屋の雰囲気に仕上げることができます。ただし、アクセントカラーと呼ばれる、部屋の雰囲気とは反対の色を使うカーテンも、部屋全体をひきしめるイメージとなるため、利用することも可能です。

シンプルの種類によって選び方は異なる

シンプルなカーテンの場合、シンプルなデザインかどうかによって大きく違います。デザインがシンプルな場合には、無地の物が少なくありません。無地の物であればたいていの部屋に合いますが、素材やカラーによって合う・合わないがあるため、参考にしてください。部屋で使用している色によって使い分けましょう。
シンプルな素材の場合、インテリアの種類によって似合うものがあるため、事前に確認してください。綿でできているカーテンでも織り方によって、部屋に合う、合わないが存在します。荒く織られている物の場合、シンプルな部屋には合いますが、ある程度ポップな部屋の場合、素材同士の相性が強いため、埋没してしまう可能性もあるため、注意しましょう。