既製カーテンのメリットとデメリット

メリットは価格の安さです。

既製カーテンのメリットは何といっても価格の安さが挙げられます。既製カーテンは決まったカーテン仕様に基づいて製作されますので、特別な加工費などの余計な費用が発生しません。また、大量に製作することで諸経費などのコストカットも可能となります。このため既製カーテンは比較的手頃な価格で購入することができると言えます。特に近年はインターネットを利用したネット通販が盛んになっており、既製カーテンについてもネット通販で販売しているサイトも多くなっています。 ネット通販では人件費なども削れるので、一般店舗で販売されているものに比べて、さらに安く販売されていることが多いです。しかも条件によっては送料無料としたり、即日納品を可能とするなど、魅力的なサービスも展開しています。

デザイン性がないのがデメリットです。

一方、既製カーテンはデザイン性がないのがデメリットと言えます。一定のカーテン仕様によって製作されますので、デザインはいたってシンプルなケースが多いです。近年はデザイン性のある住宅建築が盛んになっており、インテリアとして必須のアイテムであるカーテンについても、デザイン豊かなものを取り付ける傾向にあります。そうした住宅では、既製カーテンはやや馴染まないと言えます。 また、デザイン住宅における窓の大きさが規格外のものが多く、このため標準的な大きさをカバーする既製カーテンはやはり有効なアイテムとは言えません。何よりもおしゃれ好きの人には既製カーテンは物足りないと言え、この点は大きなデメリットとなります。